月刊・商工会8月号・表紙&取材掲載いただきました!

月刊商工会8月号にて、丹後地域の事業者の特集があり、表紙&取材掲載いただきました!

内容はこちら▽

港まちに生きる

「間人」と書いて「たいざ」と読む。関東から来た筆者には、ヒントすらない摩訶不思議な難読地名。伝説によれば、聖徳太子の母・間人皇后が、逃れ着いた地に自分の名前を与えたところ、恐れ多いと感じた村人が皇后の退座にちなんで「たいざ」と読むことにしたらしい。
断崖や岩礁などからな風光明媚な海岸線が続く丹後町地域。その間人地区は、冬はズワイガニの水揚げで知られる港まちだ。漁港や日本海を望む海岸に立つと、今度は不思議な光景が目に入った。一見、浅瀬の大きな潮溜まりのようなそれは、手すりやコンクリートの通路が設けられ、明らかに人工物である。振り返れば小学校。もしやと思えば、やはりそうだった。
「昔からある海のプールですね。私も泳いでいましたよ。そんなに珍しいかな」。
そう教えてくれたのは、間人で生まれ育った下岡千恵子さん。
彼女の商売もまた、海辺の町らしいものだった。間人漁港を中心に競りで魚介類を仕入れて、得意先の個人宅に売りに行く行商だ。「丸友鮮魚」の屋号で母親と2人で営んでいる。
間人をはじめ、この辺りでは手押し車の時代から、店舗をもたない行商文化が根付いてきたのだという。
大阪で会社勤めをしていた下岡さんは、2019年、行商を営む父の急逝を帰郷。訃報を伝えた得意先から「続けて欲しい」という声を多く耳にする。
お客様のためにも行商を守らなければ。
兵庫・城崎の鮮魚店で包丁の持ち方をはじめ一から修業して、2020年に家業を再開した。
「私が魚を3枚に下ろすなどの仕込みから、干物や刺身の調理・加工まで担当し、母が車で得意先を回っています」とはいえ、スーパーの進出や顧客の高齢化など課題も多い。そこで昨年からは、カニや干物のネット販売を始め、全国への販路開拓にも奮闘している。
近所の得意先に案内してもらった。母の有佳子さんが、庭先に停めたワゴン車のバックドアを上げて“店”を開ける。「今日は何があるかしらね」。顧客とのそんな会話から始まる交流と、そこで育まれる信頼感が、行商の文化を培ってきたのだろう。
「行商を残していくためにも、もっと地域外へのネット販売を伸ばしていきたい」と下岡さん。絵筆を包丁に、キャンバスはまな板に変わっても、そこに描かれる夢はきっといつまでも色褪せない。

Picture of ママチュデザイン

ママチュデザイン

関連記事